生命保険の見直し方法

生命保険の見直しは、結婚や出産などの他にも、住宅を購入した時にも行うことをおすすめします。

住宅を新しく建てたり、購入した時に住宅ローンを組むという方がほとんどです。住宅は、一生に一度ともいわれるほど、とても大きな金額の買い物になります。住宅ローン時に加入をすることが多い団体信用生命住宅保険には、万が一の時に、住宅ローンの支払いが免除となるようになっています。

ただ、住宅の本体以外にも、生活をしていく上において必要と考えられる金額の保障を得られるような生命保険に加入をしておきましょう。すでに加入をしている生命保険の生活保障がどのようになっているのか、確認をしておくのがおすすめです。

自分自身で生命保険見直しを行うことは、意外と煩わしいと感じることもあるかもしれません。そのような場合、多くの保険を扱っている代理店のカウンターへ相談を行うことがおすすめです。最近はショッピングセンターなどに多くカウンターがあり、気軽に立ち寄れるようになっています。また、ファイナンシャルプランナーが自宅などに来てもらえて、保険について見直しを行っているサービスを行っている会社もあります。いずれも相談は無料で、勧誘なども行われません。

生命保険の見直しの機会

保険の相談現在加入をしている生命保険の見直しは、人生において大きなイベントがあった時に行うことがおすすめです。まずは、就職をし、社会人になった時です。学生のうちは保護者の扶養に入っていて、保険には加入をしていない、という方がほとんどです。保護者から独立をして、自分で生計を立てるようになる時は生命保険に加入をする良い機会だとえいます。

次におすすめなのが、パートナーを得て結婚をした時です。結婚をすることによって、男性は、扶養家族が増えることになります。そして、2人で生きていくため、将来の人生設計を立てておく必要があります。また、女性にとっても、妊娠や出産をすることになる可能性が出てきます。妊娠や出産をすることは、それまでは健康トラブルがまったくなかった方にとっても、手術や入院など、なんらかの疾病リスクが高くなってしまいます。妊娠をすると、加入できる生命保険は限られてきますので、結婚を機に見直しをすることがおすすめなのです。

さらに、子どもが誕生をした時も良い機会です。子どもにどのような教育を受けさせたいか、という希望にもよりますが、幼稚園から大学卒業まで、子どもにはどのくらい費用がかかるものか知っておく必要がありますので、早めに生命保険も見直しましょう。

生命保険の種類

多くの人は、なんらかの生命保険に加入をしていると思われます。ただ、なんとなく支払いは行っているものの、具体的に加入をしている保険はどのような内容なのか、すべて把握をしているという方は意外と少ないかもしれません。少し前までは、生命保険は、就職をすると必ず入るものというイメージがありました。そのため、仕事先や取引先、親戚との関係や付き合いなどで、言われるままに加入をしてしまった、そして現在も、加入した当初のままの内容になっているというケースもあるかもしれません。

生命保険には、非常に大きく分けて2つの目的があります。まずは、万が一、事故や病気などの事態が起こったときへの備えです。手術や入院をすることになったら、治療費がかかります。また、仕事や家事などができなくなったことにより、休業などで収入が減ったり、予想以上に出費がかさむことが起こります。

もう一つは、貯蓄としての備えです。将来まとまった金額の出費が必要となることが分かっている時期に合わせて、費用を用意するために保険に加入することもできます。貯蓄型と呼ばれています。期間を経ても戻ってこないのは、貯蓄型ではなく、掛け捨て型と呼ばれています。現在、どちらのタイプの生命保険に加入をしているのか、確認をしてみましょう。

おすすめしたい生命保険の見直し

人生の転機社会人として働いている方は、ほとんどが生命保険に加入をしているのではないでしょうか。生命保険とは、将来の自分自身のため、また大切な家族やパートナーの生活を守っていくために備えるためのものです。

私たちが生活をしていく上において、誰もが健やかに過ごしたいと考えているのはみな同じですが、残念ながら、すべてが順風満帆に進むとは限りません。まったく予想だにしなかった病気になったり、事故などで怪我をしてしまうこともあります。そのことによって、手術を受けたり、入院や介護が必要になる可能性もありますし、仕事を辞めざるをえなかったり、介護を受けたり等、自分や家族を取り巻く環境が突然変わってしまう、ということも考えられます。人生において、何が起こるかわからない、万が一の事態に備えておくために、必要だと思える保証金額を受け取ることができるものが生命保険です。

いろいろな人にとって、生命保険に加入をすることが必要だといえます。ただ、入ってしまえばそれで終わり、というわけではありません。人は生きていく上でライフスタイルというのはまったく同じではなく、就職をしたり結婚をしたり、といった環境の変化によって、どんどん変わっていきます。そのため、現在入っている生命保険はどのようなものか、契約している内容は現在のライフスタイルに合っているのか、人生の節目などにおいて、見直す必要があるといえます。

生命保険の種類や、見直しをする場合にどのような方法があるのか、見直しのポイントなどをご紹介していきます。